車査定 横浜港北区相場はいくら?

車の査定

車の査定

査定を受ける前に準備しておくことが洗車です。外回りを水洗いし、車内のシートや床を掃除機で清掃、天井の汚れもチェックしておきましょう。荷物を片づけて、タバコやペットの臭いがあれば消臭します。車買取専門店が次の買い手に売りやすいようにするのです。それに車検証、整備手帳などを用意しておきます。
査定士は、最初に車検証・整備手帳・エンジンナンバーをチェックします。整備手帳の定期点検をうけてきた記載をみて、この車はきちん手入れされてきたかどうかを判断します。 事故などによる修復歴があるかどうかを、ボンネット・エンジンルーム・ドア・トランクなどで調べます。
それから車内の汚れ具合、ボディー等のキズをチェックしますが、このとき洗車・掃除してキレイな状態だと、大事に乗られてきた車だなと好印象をあたえて査定額がアップします。 逆に汚れたままの状態だと、キズがなくても目視できないから、査定士はもしあったら..とマイナス査定しますし、手入れの悪い車だと減額評価します。
車内の臭いも大事で、タバコの臭いや犬などの動物臭があると、次のオーナーに販売するときに高く売れませんから、査定も減額になります。消臭スプレーや天気の良いときに風通しを良くして臭い消しにつとめましよう。
ボディのキズは、コンパウンドで消せるくらいなら、自分でキレイにしておきましよう。ドアレバー周囲の細かなキズは、たいがい消せるので消して見栄え良くしておきます。自分で修理できないキズやへこみは、そのままで査定を受ける方がお得です。修理に出し直しても、そのかかった費用以上の査定額は増額されませんから損します。 このように査定前に、車の内外をきれいに掃除して、必要な書類も揃えておくことが大切です。